月別アーカイブ: 2020年12月

家族がアタオカと言われて(2020.12.27)

聖書

「神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」(マルコ3章35節)

礼拝音源(24.6MB)

礼拝順序

前  奏
招  詞 イザヤ60章1~2節 司 会 者
頌  栄 一同起立
祈  祷 司 会 者
主  祷 93-5 A 一  同
交読詩編 103編1~22節
会衆祈祷 一  同
聖  書 マルコ3章31~35節
使徒信条 93-4  1A 一同起立
賛  美 208 一同起立
牧会祈祷 石﨑善土伝道師
宣  教 「家族がアタオカといわれて」 石﨑善土伝道師
祈  祷
賛  美 411 一同起立
感謝献金
奏  楽
頌  栄 27 一同起立
祝  祷 川原﨑晃主管牧師
後  奏

宣教要旨

1.はじめに
アタオカとは、“頭がおかしい”を短縮した言葉です。意味はそのまま、考えがおかしい、気が変になっているという事です。「あの男は気が変になっている(アタオカ)」(21)と言われたのは、救い主である、イエスでした。それも群衆からではなく、ユダヤ教の中央エルサレムから派遣された、指導的立場にいる律法学者から言われました。イエスの家族はそのように言われ、心配になりイエスの所に来ました。(31)

2.集まった人々のタイプ
イエスのまわりに集まって来た人には、2つのタイプへと別れて行きます。1つは前回取り上げた律法学者のように、イエスの働きを非難する人達です。彼らは、イエスのもたらす救いを否定し、イエスを十字架へ架けることになって行きます。そして、救いの十字架を信じないため、罪赦される事はありません。(29)
もう1つはイエスの働きの表面を見るのではなく、その教えに真剣に耳を傾け、神の御心を行う人達です。彼らは、血の繋がりは無くても、イエスから兄弟、姉妹、母と呼ばれました。(35) クリスマスに、彼らはイエスを受け入れ、神の子とされました。(ヨハネ1:12)と言われたとおりです。

3.イエスの周りに座り耳を傾ける人々
イエスのそばに集まる人は、遊女や取税人など、当時の社会に受け入れられていない人が中心となって行きます。イエス様はどのような人にも、誰であっても、耳を傾ける人に私の家族だと言い、今も招いて下さっています。

礼拝ご案内・行事予定(2021年1月)

礼拝はキリスト教会の最も大切な行事です。私たちのいのちの糧である聖書の言葉がわかりやすく語られます。讃美歌を歌い、祈ります。 神さまを讃え、救いにあずかった感謝を表します。

 

◎ 主日礼拝 (毎週日曜日)
第1礼拝 :AM 9:00 ~ 10:00 第2礼拝 :AM 10:45 ~ 11:45 第3礼拝 :PM 5:00 ~ 6:00
○成人科プログラム (毎週日曜日)
AM9:30 ~ 10:15 楽しい聖書の学び 1階集会室にて お話は毎回完結します。 いつでもお入りください。
3日(日) 第1聖日 新年礼拝
「キリストの愛と真実に支えられて」
ガラテヤ2:19~21
休会
10日(日) 第2聖日 成人祝福礼拝
「光が放たれて」
ヨハネ1:1~8
ヨセフ1
創世記37:5~11
鎌野 健一
17日(日) 第3聖日 礼拝
「タネのネタあかし」
マルコ4:1~20
ヨセフ2
創世記39:19~23
山崎  勝
24日(日) 第4聖日 伝道礼拝
「神の子となる」
ヨハネ1:9~13
ヨセフ3
創世記41:37~49
増永 茂
31日(日) 第5聖日 礼拝
「恵みと平和の福音」
ガラテヤ1:1~5
祈りと証し

祈祷会 恵みの分かち合い (毎週水曜日)  AM 10:30 ~11:30、PM 7:00 ~ 8:00

祈祷会は毎日の家庭の祈りに加えてクリスチャンが心を合わせて神に問い、神と語る集会です。キリスト教にとって、祈りは「ご利益の祈願」や「瞑想」ではありません。 神さまのみこころが私たち世界に満ちることを願い、さらに救われたことを神さまに感謝するものです。

1月行事予定

■ 3日(第1聖日)新年礼拝(Ⅰ10:00 Ⅱ11:30 Ⅲ14:00)
■ 10日(第2聖日)成人祝福礼拝 1月誕生者祝福 成人祝福式 役員会
■ 17日(第3聖日)礼拝
■ 24日(第4聖日)伝道礼拝
■ 31日(第5聖日)礼拝 質問受付会 ダイヤモンド婚式・金婚式

2月行事予定

■ 7日(第1聖日)教会総会礼拝(Ⅰ10:00 Ⅱ11:30 Ⅲ14:00)教会総会(定期総会)
■ 14日(第2聖日)礼拝
■ 21日(第3聖日)礼拝
■ 28日(第4聖日)伝道礼拝(神学生壮行礼拝)

2020年 クリスマス・イブ礼拝

聖書

言葉では言い尽くせない贈り物について神に感謝します。(2コリント 9:15)

神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。
独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。(ヨハネ 3:16)

礼拝音源(22.9MB)

 

20201224

救い主イエスを抱いて(2020.12.20)

聖書

わたしはこの目であなたの救いを見たからです。(ルカ2章30節)

礼拝音源(29.4MB)

礼拝順序

前  奏
招  詞 ヨハネ3章16節 司 会 者
頌  栄 一同起立
祈  祷 司 会 者
主  祷 93-5 A 一  同
交読詩編 98編1~9節
会衆祈祷 一  同
聖  書 ルカ2章25~35節
使徒信条 93-4  1A 一同起立
賛  美 247 一同起立
牧会祈祷 川原﨑晃主管牧師
宣  教 「救い主イエスを抱いて」 川原﨑晃主管牧師
祈  祷
賛  美 268 一同起立
感謝献金
奏  楽
頌  栄 27 一同起立
祝  祷 川原﨑晃主管牧師
後  奏

宣教要旨

私たちは、一生を決定する救い主イエスとの出会いを大切にしたいものです。主イエスもまた、その出会いを大切にしてくださいます。ここに、シメオンが、幼子イエスをしっかりと抱くことによって、その出会いをしています(28節)。

1.神の慰めを見る  25~32節
普通人は、穏やかで柔和な思いを持って幼子を抱きます。シメオンは同じような思いを持って幼子イエスを抱き、「イスラエルの慰められることを待ち望み」つつ、聖霊の導きをいただいて幼子イエスと出会いました (25~28節)。
その出会いが、シメオンの賛歌を生み出したのです。彼は、神の救いを見たことが、神の慰めをもたらしたと語っています。人は誰であっても、自分の罪深さに悲しみ、罪を悔いて神の救いの恵みを信じるならば、神の慰めが訪れるのです(29~32節。イザヤ書40章1節とマタイ5章4節)。これ以上の救いはないし、これ以上の慰めはありません。

2.救い主の十字架を通して見る  33~35節
シメオンは同時に、救い主イエスの十字架を見ていました。救い主イエスは、すべての人を御腕に抱くようにして一切の罪を引き受けられ、神の前にその身代わりとなって十字架で死なれたことを預言しています。それは、母マリアが心を剣で刺し貫かれるような痛みを経験することだと語ります(ヨハネ19章23~27節)。このように、シメオンは、救い主イエスの十字架を通して、神の救いと慰めを見ていたのです。
同様に私たちは、十字架の主イエスの愛の御腕に抱かれ、罪の記憶を十字架によって赦された恵みの記憶に変えていただき、安んじるのです。

かえりみてくださる神(2020.12.13)

聖書

身分の低い、この主のはしためにも目を留めてくださったからです。今から後、いつの世の人もわたしを幸いな者と言うでしょう(ルカ1章48節)

礼拝音源(24.74MB)

礼拝順序

前  奏
招  詞 テトス2章11節 司 会 者
頌  栄 一同起立
祈  祷 司 会 者
主  祷 93-5 A 一  同
交読詩編 113編1~9節
会衆祈祷 一  同
聖  書 ルカ1章46~55節
使徒信条 93-4  1A 一同起立
賛  美 248 一同起立
牧会祈祷 川原﨑晃主管牧師
宣  教 「かえりみてくださる神」 川原﨑晃主管牧師
祈  祷
賛  美 268 一同起立
感謝献金
奏  楽
頌  栄 27 一同起立
祝  祷 川原﨑晃主管牧師
後  奏

宣教要旨

マリアは、主が「この主のはしためにも目を留めてくださった(かえりみてくださった)」と語っています(48節)。それに対してマリアは、「わたしの魂は主をあがめ」(46節)、主が「わたしに偉大なことをなさいました」(49節)と賛美しています。

1.主は偉大な御業をなされた  48~55節
神から受胎告知を受けたマリアは、神が語られて御言葉をてがかりに主を信頼し、主の御言葉に固く立ちました(38節)。そして、彼女はその大きな神の御業がなされたことに感嘆しました(48~49節)。
そればかりか、主を畏れる神の民に対して、神の救いの御業を進められてきたことを証ししています(50~55節)。
同様に私たち一人ひとりをかえりみてくださる主イエスは、十字架と復活を通して大いなる救いの御業を成し遂げてくださったのです。

2.主をあがめる  46~47節
それゆえにマリアは、「わたしの魂は主をあがめ、わたしの霊は救い主である神を喜びたたえます」と、全存在・全人格・全生涯をもつて主を讃えています。それは、主なる神を大きなお方として、神を畏れ、信頼し、礼拝するということです。そのように生きたパウロは、「私の身によってキリストが公然とあがめられるように」(フィリピ1章20節)と証ししています。
今も私たちは、主をあがめ讃える時に、賛美したとおりに生きているかと、賛美の戦いを覚えます。かえりみてくださる主のみが大いなるものとされますように。

神の憐れみは尽きない(2020.12.6)

聖書

これは我らの神の憐れみの心による。この憐れみによって、高い所からあけぼのの光が我らを訪れ、暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、我らの歩みを平和の道に導く。(ルカ1章78~79節)

礼拝音源(31.65MB)

礼拝順序

前  奏
招  詞 マルコ1章15節 司 会 者
頌  栄 一同起立
祈  祷 司 会 者
主  祷 93-5 A 一  同
交読詩編 130編1~8節
会衆祈祷 一  同
聖  書 ルカ1章67~79節
使徒信条 93-4  1A 一同起立
賛  美 54 一同起立
牧会祈祷 川原﨑晃主管牧師
宣  教 「神の憐れみは尽きない」 川原﨑晃主管牧師
祈  祷
聖 餐 式 新49
12月誕生者祝福 イザヤ書60章1節
賛  美 268 一同起立
感謝献金
奏  楽
頌  栄 27 一同起立
祝  祷 川原﨑晃主管牧師
後  奏

宣教要旨

主イエスのご降誕にまつわる出来事には、「神の憐れみ」が響きわたっています。ザカリアは、救い主が遣わされることを賛美し(67節~75節)、洗礼者ヨハネと救い主の働きに対して賛美しています(76節~79節)。ここにも「神の憐れみ」が溢れています。

1.顧み、訪ねてくださる
「ほめたたえよ、イスラエルの神である主を。主はその民を訪れて解放し」と、アブラハムから出エジプト、ダビデを通してイエス・キリストに至る歴史の中で、神がどんなに神の民を顧みていてくださるかを語り、賛美しています(67節~73節a)。
そのように、憐れみの神は、神の民を忘れないで顧みてくださり「訪れて」くださいました。憐れみの主イエスは、同じように私たち一人ひとりを顧み、訪れてくださいました(78節)。今、この事実に信仰の眼を開いていただきましょう。そして、主に仕える者として、人々を訪れる者にしていただきましょう(73節b~75節)。

2.罪の赦しによる救いを与えてくださる
さらに、憐れみの主イエスは、「我らの歩みを平和に導く」(79節)お方です。この「平和(平安・勝利・救い)」を得るためには、救い主イエスの十字架による「罪の赦しによる救い」に与ることが必要です。
一人ひとりが罪の赦しの救いに与ってこそ、「神は我々と共におられる」との恵みの日々を歩み続けることができるのです(マタイ1章21~23節)。この罪の赦しの救いに与っている「憐みの手本(見本)」であるとは、何と幸いなことでしょう(1テモテ1章15~16節)。